トップ  > 行動は自らがプログラムする  > 2017年のクリスマス
これまで30年以上にわたり、
2万人を超える人財育成を通じて、業務改善と組織変革に取り組んできました。
業績向上、個性を生かした人間関係構築、再販顧客につながる対応力強化のご提案をいたします。

2017年のクリスマス

変化の多い時代を生きるあなたの未来創造アドバイザー
悩みを解き放ち開き放つ、業務改善&人材育成の産業カウンセラー
福岡市早良区のChi-ho's studio 鎌田千穂です。


12月25日は皆さまは何をされていましたか?
私は、大分に出張でした。
早朝、5時30分の自宅出発は、冬の夜明けが遅いことを痛感させられ、「夜明けはまだか!?」と叫びたいくらいに真っ暗闇です。

また、私は遠方の日帰り出張があるときのみの早朝に家を出る人なので、バスはガラガラだろうと高をくくるのですが、毎回私の期待を裏切って、この時間帯の乗車率は思ったよりも高く、座れない方も出るんですね。

そう感じると、表に出ない方の力によって、私が滞りなく過ごせる日常は、誰かの力によって支えられているもんなんだよなぁと思わざるを得ません。


博多駅についても、まだ真っ暗。
7時のソニックに余裕で間に合ったので、飲み物を買って、ゆず豆くんと一緒に移動します。

出発まで時間があったのですが、どんどん人が増えてきて、ソニックの自由席は満席。
この時間帯は、小倉までの定期持ちの方が多い様で、早朝通勤はお疲れ様ですなぁと頭が下がる思いでした。

小倉からは、ゆったりと座ることができて、気がついたら爆睡状態。

目が覚めると日が昇って田園風景の中を列車は走っています。

パリパリとゆず豆くんを食べながら、3時間の列車の旅で、今日の仕事のイメトレをじっくりできました。

行き帰りはお抱え運転手さんの送迎があったので写メは無いですが、
まぁ、帰宅した時は、また真っ暗。


そして、私が覚悟しないといけない事は、
今日がクリスマスという事で、博多駅のイベントで混雑が避けられず、交通機関の遅延が発生し、通常よりも1時間遅くなるだろうという事です。

案の定、博多駅はクリスマスムード。サンタクロースのコスプレーヤーがあちこちで見られつつ、大勢の方がクリスマスイルミネーションを楽しみながら、まっすぐ歩けない苛立ちを持つ私とは違い、クリスマスの雰囲気を楽しまれていました。

その姿を見ながら、

「ワーカーホリック気味だぞ!!」
「大丈夫か??」
とハッとした私は、

明日は、一日遅れの自分ご褒美に、おかんと映画に行く予定にしているので、それはそれでいいかと思いつつ。

とりま、クリスマスなので、イルミネーションを見て、気持ちをクリスマスに戻し、チキンを買って、帰宅後はXmas映画を見ながら、誰に邪魔されることもなく、ゆっくりとワイン片手にのんびりと一人ぼっちのクリスマスをしてみました。



お問い合わせやご相談は、メールかお問合せフォームからワッショイ

Mail info@chihos.jp

フェイスブックは、 http://www.facebook.com/kamatachiho
 

info@chihos.jp

~~ 関連情報一覧 ~~