トップ  > 思い色々  > 沖縄 ぼくねん美術館
これまで30年以上にわたり、
2万人を超える人財育成を通じて、業務改善と組織変革に取り組んできました。
業績向上、個性を生かした人間関係構築、再販顧客につながる対応力強化のご提案をいたします。

沖縄 ぼくねん美術館

業務改善&組織変革
Chi-ho's studio(チホズ・スタジオ)
産業カウンセラーの鎌田千穂です。

沖縄県の仕事をすることが決まった時、本来は前日は北九州市黒崎の仕事でした。

福岡県北九州市黒崎の仕事が終わって沖縄に飛ぶ予定にしていたのですが、コロナで列車も飛行機も減便のため、乗り損なうと最悪な事態になると考え、黒崎をキャンセルし前泊することにしました。
せっかくの沖縄ですから、仕事のための情報収集をしないのは大きな損失です。

と言うところで、
アメリカンビレッジ内に美術館がありま
した。

 

 

なんだか、建物が可愛いw
なんだかムーミン谷のムーミンの家とは違うのですが、螺旋形状の屋根を見ながら、ふっと思い出してしまいます。

お店の方に許可をもらって、ぽちっと写メです。
独特の文化があふれていて、とても楽しい。
福岡市長に、東京のコピーにするな。
もっと福岡の文化に敬意を払い大事にしろよと腹立たしく思いながら、沖縄の独自文化に心打たれます。

そう思いながら、店内を歩いているとキジムナーの置物を発見。
子どもの頃に知ったキジムナー。
ガジュマルの古木に住み、赤い髪で背丈は人間の子供程度だと言われていて、人間と共存し、一緒に漁に出たり、夕食時に薪を借りに来たりするけれど、怒らせると容赦なく人間を殺してしまうの裏表に格差が大きすぎる怖い妖精。
説明文を読みながら、そうだそうだと思い出しました。



お問い合わせやご相談は、メールかお問合せフォームからワッショイ
Mail info@chihos.jp
 

フェイスブック  http://www.facebook.com/kamatachiho

 
#kamatachiho #鎌田千穂 #産業カウンセラー 

 

info@chihos.jp

~~ 関連情報一覧 ~~