トップ  > 思い色々  > 広島県 いろは丸と坂本龍馬
これまで30年以上にわたり、
2万人を超える人財育成を通じて、業務改善と組織変革に取り組んできました。
業績向上、個性を生かした人間関係構築、再販顧客につながる対応力強化のご提案をいたします。

広島県 いろは丸と坂本龍馬

業務改善&組織変革
Chi-ho's studio(チホズ・スタジオ)
産業カウンセラーの鎌田千穂です。

そろそろ、広島県福山市のネタも終わりつつあります。
次の出張でいった壱岐と対馬編をアップできるかなぁと思ってます。
このブログをアップしている頃は、たぶん沖縄出張前だと思います。

さて、まだまだ広島県福山市鞆の浦のネタは続きます。
この鞆の浦は、坂本龍馬の「いろは丸事件」の舞台となったところ。
海援隊が借り受けていた伊予国大洲藩所有のいろは丸が長崎港から大坂に向かっていて、長崎港に向かっていた紀州藩の軍艦「明光丸」と衝突するという事件だそうです。
最終的に長崎奉行所に場を移し、土佐商会および土佐藩と紀伊藩は継続して争ったそうです。

土佐商会は、土佐藩の藩営商社であり、蒸気船運行を行い物産の販売と舶来品の調達っていたらしく、蒸気船?ディーゼル??どっちだと思っていた船が「いろは丸」をモデルにしているんだと調べてわかりました。(笑)

平成いろは丸から写メをとった弁天島は、港や海辺でもはっきり見えます。
地図から見ると離れているように見えるのですが、かなり近いです。
市営渡船場から平成いろは丸にのって、5分程度で仙酔島に移動します。
大人往復240円/1人とリーズナブルな金額でした。

 

お問い合わせやご相談は、メールかお問合せフォームからワッショイ
Mail info@chihos.jp
 

フェイスブック  http://www.facebook.com/kamatachiho

 
#kamatachiho #鎌田千穂 #産業カウンセラー 

 

info@chihos.jp

~~ 関連情報一覧 ~~