悩みを解放し開放することが私の使命

一人で考えたって、答えは堂々巡りで思考のループ
友だちや両親に相談したって、なんの解決もできないし、気休めでしかないんだ、
いくら話しても、私の気持ちはわかってもらえないよねとふっと思ったなら、
論点整理のために私とセッションしてみませんか?

就職、転職、職場の人間関係やハラスメント、夫婦や男女関係の相談やDV・離婚についての心の整理の仕方、
目の前の現実に何から手をつけて良いかわからないとき、混乱した頭の中を整理をして、
一緒に心の断捨離をしながら、あなたの思い描く未来に向かって、解決の糸口を見つけてみましょう。
トップ  > 思い色々  > 自分で開ける列車のドア

自分で開ける列車のドア

変化の多い時代を生きるあなたの未来創造アドバイザー
悩みを解き放ち開き放つ、業務改善&人材育成の産業カウンセラー
九州を中心にお仕事をしている
Chi-ho's studio(チホズ・スタジオ) 鎌田千穂です。

 
コンサルティングをすると、公共交通の便が良い所ばかりではありません。
また、地方に行くと色々と面白い経験もできます。

この電車は電池で走るエコ電車、DENCHA(デンチャ)
です。

乗換が分かりにくい、私が一番嫌いな駅は折尾駅。
そして、この列車に乗るわけです。
列車は好きです。
折尾駅は行くたびに仕様が変わって、まるでトラップにかかったか迷路なのか状態になるのでマジで嫌いな駅です。



車窓から、田植えの始まりを見る機会は良いのですけど。
折尾駅改装に伴う迷路かトラップの遭遇は勘弁です。
たまに行く人は絶対に困惑すると思います。

さて、電車を降りる時は、
このボタンを押さないとドアは開きません。
もちろん、乗るときもドアが閉まっているならボタンを押して乗車です。



何だか、自動開閉に慣れていると、ちょっと目新しくて面白い。

次は、出入り自由な無人駅のお話。
色々と無人駅でも発見はあるもんです。
また、次のブログでアップします。

お問い合わせやご相談は、メールかお問合せフォームからワッショイ

Mail info@chihos.jp

フェイスブック  http://www.facebook.com/kamatachiho

 
#kamatachiho #鎌田千穂 #産業カウンセラー 
at 2019/05/13 00:00:00