トップ  > 行動は自らがプログラムする  > 保育園のクリスマス会で先生方の成長を実感
これまで30年以上にわたり、
2万人を超える人財育成を通じて、業務改善と組織変革に取り組んできました。
業績向上、個性を生かした人間関係構築、再販顧客につながる対応力強化のご提案をいたします。

保育園のクリスマス会で先生方の成長を実感

変化の多い時代を生きるあなたの未来創造アドバイザー
悩みを解き放ち開き放つ、業務改善&人材育成の産業カウンセラー
福岡市早良区のChi-ho's studio 鎌田千穂です。

福岡の今日は曇り時々霧雨

そんな中で私が代表理事をする、
一般社団法人聡明叡智会(そうめいえいちかい) おーるはっぴー保育園では、保護者とお子さまで一緒に出し物をするクリスマス会を開催しました。

右上写真の左側に移っている当法人の園長は、保育にかける情熱が素晴らしく、こんなイベントの後は、燃え尽きるのか、ほっと安堵をするのか、終わった後の夜はたいてい知恵熱をだしています。冷や汗


私にとっては、その保育にかける情熱が途絶えない事が凄い人だと、毎回尊敬します。
また、私が手に入れたくてどんなに努力しても、私には持ち合わせの無いモノであり、まねをしたくても決してまねのできない、その人の持つ素地であり資質です。

ソフトバンクの球団のお話で「熱男!」と言ってますが、「熱女!」といっても過言では無い方ですね。
どうして、そんなに熱くなれるのか、私にはさっぱり理解できない才能です。


そして、サンタクロースに紛争してくださった先生も、子どもの夢を大事にする強い気持ちからか、子どもたちにばれないようにと、30分くらい前から準備をして、裏で隠れて出番待ち状態。
サンタクロースになった後で、私に質問することも、「わたしってわかりますか?わかりませんか?しゃべったらわかりますよね?」と真剣な顔で聞いてきます。
この質問も、保育に関する熱意や使命感を持って仕事に取組んでいる素敵な姿勢であり、チームプレーを意識しながら、役割分担と自らが責任をもって考え行動している事を確認できる瞬間です。

こんな後ろ姿を写メできるのも、外野でいられるからこその特権だと思います。
きっと、こんな姿を写メされているとは、先生は思ってないし、私のHPのブログに掲載されていることは知らないでしょう。(笑)

最後の写真は、20代前半の保育士1年目の先生です。
昨年と比べたらびっくりするくらいの勢いで頼りになる先生の一人に短期間で成長してくださいました。


8月からトータル4か月間の新人研修プログラムを組み、その研修にも真剣に取り組み、乾いた砂に水が吸い込まれるような感じで、保育士養成施設で学んだ机上のものを、現場の中に置き換えつつ、机上で学んだことと現場での出来事と咀嚼し、頭と体でつなげられたのか、別人格になったように伸び伸びと自分らしい発想で企画を提案したり、研修で学んだことを直ぐに取り入れ実践するなど、自立・自律が手に取るようにわかり、一皮むけた感じです。

今日は、そんな三人の先生方が、クリスマス会を大きく盛り上げてくださいました。

色々と今回のクリスマス会で課題も見えました。
それは、昨年の9月に開園した時から、先生方の状況を一年かけて統計をとっていたので、今回はイベント後は園長は燃え尽きる傾向があると結論を出しています。
今後は、知恵熱を出さないように、園長業務の見直しや新しいスタッフを雇用するか育成に力を入れるかの10年後を見据えたキャリアコンサルティングやフォローアップを行う必要があります。

私が考える社員教育というのは、年齢や雇用形態を区別して行うことはナンセンスです。
また、業務研修だけに特化しても、この会社にいて良かったというような帰属意識は醸成されません。

大切なことは、雇用形態関係なく、公平で中立な立場で、本人が必要だと感じているタイミングで、その人に必要な事をヒアリングし、冷静に分析した結果、何が必要かを相互で共有したものを教育プログラムに取り入れることと、教育を受ける方が欲しいと望んだモノだと理解した上で、教育を施す必要があると確信し、日々実践しています。

そのことで、1人1人が帰属意識を持つようになり、やる気スイッチがONになることで自立・自律し、モチベーションアップにつながる人育てを、これからも多くの現場で実践し、実績を出し続けていけると考えています。​​​​​​

お問い合わせやご相談は、メールかお問合せフォームからワッショイ

Mail info@chihos.jp

フェイスブックは、 http://www.facebook.com/kamatachiho
 

info@chihos.jp

~~ 関連情報一覧 ~~